VPNサービスの評価方法


必要性に応じて高品質なVPNを購入するのは重要なことです。

そのため、当社は2021年最高のVPNを選ぶにあたり、その評価方法において100%透明性を持ちたいと考えています。

当サイトでは、5つの要因からスコア付けをし、トップ10リストに言入れるVPNを選んでいます。5つの要素は重要な役割を果たしますが、すべてが同じ重要度を持つわけではありません。

つまり、最終評価はどの要因の評価が高いかで異なってきます。

以下が、評価過程における5つの主な要因と相対的な重要度です。

1. セキュリティ: 最も重要で、総合評価の35%を占めます。軍事レベルの暗号化、さまざまなプロトコル(OpenVPN、L2TP、IKEv2など)、DNS漏洩保護、キルスイッチがあるVPNを選びました。

2. サーバーとロケーションの数: どこからでも匿名で速くサーフィンするためには重要な要素です。総合スコアにおける割合は25%です。

3. その他の機能とデバイスの互換性:これにはノーログポリシー、Windows、Mac、iOS、Android対応、スプリットトンネリングなどの機能を含みます。総合スコアでは20%を占めます。

4. 価格: 何にでも言えることですが、払ったお金に見合うものが手に入るのです。ほとんどのVPNサービスは同じような価格なので、この要因は総合評価の10%を占めるようにしています。

5. ユーザーレビュー:重要ではありますが、人によって技術の理解度や扱い方が異なるので、誤解を招くこともよくあります。総合スコアの10%を占めます。

その他の機能、デバイスの互換性、価格のスコアを決定するために、当社は評価したVPNプロバイダーのオファーをすべて分析しました。この情報は、情報源から直接取ったものです。

ユーザーレビューの情報は、TrustPilot、Google Play Store、当サイトのユーザーレビューから獲得しました。

価格に関して重要視しているのは、柔軟性と安さです。高いプランのみを提供するサービスは素晴らしいとは言えません。この時代、ほとんどの消費者は月極ごとの料金体系に慣れています。 また、1年プランに多額の料金を支払っていて、VPNが途中でNetflixへの対応や適切な速度提供を止めてしまったら悲劇ですよね。

当サイトが評価したトップ10のVPNの平均月額料金は、当記事執筆時点でおよそ9.80ドルです。多くはこれ以下、数社がこれよりも上となります。費用が高いプロバイダーは、その価格に見合う機能を備えてなければいけません。

VPNの価値を判断するのは難しいですが、当サイトは、一つのサブスクリプションでも一定の基準を満たすべきだと考えています。業界平均である5台のデバイスの同時接続は必須です。また、一つのサブスクリプションでさまざまなプラットフォームに使用できるものでなくてはいけません。つまり、Mac用のサブスクリプションはiPhoneでも使えなければなりません。さまざまなデバイスをカバーするのに追加料金を課そうとするVPNは、良いチョイスとは言えないからです。